ホーム > 事業内容 > 北海道はり・きゅう・マッサージ支払基金について

北海道はり・きゅう・マッサージ支払基金について

この基金の目的は、被保険者または被扶養者である患者の申し出により、原則償還払いであるはり・きゅう・マッサージの施術料金の貸付を行うことを目的としております。申し出のあった患者の施術料金については患者にかわって当基金が立替えて治療院へ支払うことにより、患者の負担軽減と利便性を向上させております。

北海道はり・きゅう・マッサージ支払基金規約

第1条(名称)この団体は、北海道はり・きゅう・マッサージ支払基金(以下、基金という)と称する。
第2条(事務所)この基金は、事務所を札幌市に置く。
第3条(組織)北海道内の鍼灸マッサージの患者、被保険者、保険者、関係団体等で、一定の預託をしたもので組織する。
第4条(目的)この基金は、被保険者(又は、患者)の申出により、はり・きゅう・マッサージの施術料金の貸付を行うのを目的とする。
第5条(代理人)この基金は、代理人を置くことができる。
第6条(役員の種別)この基金に次の役員を置く。
    理事長 1名  副理事長 2名以内  理事 若干名  監事 2名以内
第7条(役員の選任)役員は、各団体(者)の推薦による。
2 理事長、副理事長、監事は、役員の中から選任する。
3 理事は、理事長、及び副理事長の合議によって選任する。
第8条(役員の職務)理事長は、会務を総理する。副理事長は、理事長を補佐する。理事は、理事会を構成し、会務を分掌する。監事は会計を監査する。
第9条(役員の任期)役員の任期は、2年間とする。但し、再任は妨げない。
第10条(会議の種別)会議は、役員総会及び理事会の2種とする。
第11条(会議の機能)総会は毎年1回これを開き、会務の運営に関する重要事項を審議する。
2 理事会は必要に応じてこれを開き、会務の執行に関する事項を協議する。
第12条(会議の議長)総会の議長は、総会において出席者の中から選任する。
3 理事会の議長は、理事長がこれにあたる。
第13条(会議の定足数)会議は、構成員の2分の1(委任状を含む)以上の出席がなければ開会することできない。
第14条(会議の議決)会議の議事は、この規約に別に定めのあるもののほか、出席構成員の過半数の同意をもって決4
し、可否同数の時は、議長の決するところによる。
第15条(議事録)会議の議事については、議事録を作成し、議長及び出席構成員の中から選出された議事録署人
が署名、押印しなければならない。
第16条(経費)この基金の経費は、会費、寄付金その他の収入をあてる。
2 会費の額は、総会において決める。
第17条(会計年度)この基金の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終了する。
第18条(規約の変更)この規約の変更は、総会において出席者3分の2の同意を得る。

第19条(細則の制定)この規約の定めるもののほか、会務の執行に関して必要な事項は、理事会の議決を経て理事長
が別に定める。

付則
1 この規約は、平成7年12月3日から施行する。
2 平成26年10月19日一部変更

【基金役員名簿】

理事長   安藤 伸夫
副理事長  斉藤 里美
理事    山田 廣
理事      木村 隆一
監事      吉田 孝雄

【代理人】

吉田 厚子 (札幌市中央区南1条西13丁目317-3フナコシヤ南1条ビル3F)

 

ページの先頭へ ▲