ホーム > 北鍼協とは

北鍼協とは

北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合(北鍼協)について

当協同組合は厚生労働大臣又は知事の免許を有するあん摩マッサージ指圧・はり・きゅう・柔道整復業を行う事業者が構成して、中小企業協同組合法に基づき北海道知事より認可を受けた道内唯一の事業協同組合です。

小規模なあん摩マッサージ指圧・はり・きゅう・柔道整復業者が一つにまとまり経営の近代化、合理化、及び資質の向上を図り、もって組合員の経営安定、繁栄、確立を図るため相互扶助の精神の下に各事業を行うのが本組合です。

全国から多くの皆様のご加入をおまちしております。

北鍼協のあゆみ

北鍼協の歩みは、北海道の鍼師、灸師、あんまマッサージ指圧師等有志13名からの出発でした。

平成7年に「北海道鍼灸マッサージ協同組合」を創設し、平成17年には組織の発展に伴い、鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の連帯を深め、共存繁栄を目的とする団体として改めて「北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合」として生まれ変わりました。

理事長吉田孝雄平成27年には当組合は創設20周年を迎えることとなり、日頃より多くの関係者各位、組合員の方々のご理解とご協力をいただき心より感謝申し上げる次第です。

当初より、官公庁や保険者に鍼灸あん摩マッサージ療養費の取り扱いへの請願折衝を繰り返し、組織としても着実に成長を続けてきたと自負しております。近頃の業界全体を取り巻く環境の変化にも、組織を挙げて対応や働きかけに努めております。また、活動拠点は北海道だけに留めず、青森、岩手、長野、東京など、東日本を中心として全国に拡げてまいりました。将来的には、同業の全国組織と肩を並べられるまでに発展させたいと大きな目標を掲げております。

北鍼協は、日常の保険請求(レセプト)業務の支援はもちろん、様々な問題にも的確・迅速に対応し、組合員の皆様の経営の一助となるべく努力しております。
また、高齢化に伴い、鍼灸やあん摩マッサージ、柔道整復を利用する人が増えている中でも、まだまだ一般的に広く周知されているとは言えません。その社会的な認識を高め、鍼師、灸師及びあん摩マッサージ指圧師・柔道整復師の権利を擁護するためにも、業界のあらゆるニーズに応え、又業界全体の地位向上に向け、邁進していく所存です。

北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合
理事長 吉田 孝雄

 

ページの先頭へ ▲